このページではJavaScriptを使用しています。
未来を追求するスガイ化学
HOME » 会社概要 » 会社沿革

会社概要

会社沿革

1928年 昭和3年
和歌山市小雑賀にて
菅井化学工場として創業
1928年 昭和3年 和歌山市小雑賀にて菅井化学工場として創業
1933年 昭和8年
和歌山市宇須183番地に
新工場を建設して移転する
1933年 昭和8年 和歌山市宇須183番地に新工場を建設して移転する
1949年 昭和24年 顔料中間物のトビアス酸の国産化に成功
1952年 昭和27年 株式会社組織となる
菅井化学工業株式会社、取締役社長 菅井赳夫
資本金300万円
1955年 昭和30年 優良企業として中小企業長官表彰を受ける
1958年 昭和33年 内閣科学技術庁からクレオソート油の新規利用法に対して発明実施化試験研究費を交付される。
1961年 昭和36年 和歌山市湊に新工場建設。和歌山西工場と命名。
11月より蓚酸酢酸エチルエステルソーダの生産で創業開始。
1962年 昭和37年
社名を変更し
スガイ化学工業株式会社とする。
1962年 昭和37年 社名を変更しスガイ化学工業株式会社とする。
1963年 昭和38年 大阪証券取引市場第2部に上場。
菅井康郎専務が代表取締役社長に就任。
1968年 昭和43年 和歌山市宇須にて新研究所竣工。
コンピューターによる情報処理がスタートする。
1972年 昭和47年 西浜製品センター新設。
1973年 昭和48年 ビラルプロジェクトチーム発足。
1977年 昭和52年 創立25周年式典。
1981年 昭和56年 和歌山西工場の廃水汚濁負荷量自動測量に入る。
1982年 昭和57年 菅井康郎社長が会長、出原正孝副社長が社長に就任。
1983年 昭和58年 ニューヨーク駐在員事務所開設。
1985年 昭和60年 スガイケミー株式会社設立。
1988年 昭和63年 菅井博副社長が社長に就任。
1990年 平成2年 時価発行増資により資本金25億1千万円に。
1991年 平成3年
福井市石橋町に新工場建設着工、福井工場と命名。
1991年 平成3年 福井市石橋町に新工場建設着工、福井工場と命名。
1992年 平成4年 福井工場操業開始。
ニューヨーク駐在員事務所を法人化し Sugai America Inc. とする。
1996年 平成8年
福井工場に医薬中間物専用生産棟(F-2工場)完成。
1996年 平成8年 福井工場に医薬中間物専用生産棟(F-2工場)完成。
1997年 平成9年
米国FDAによる福井工場査察を受ける。
GMPに適応した医薬中間物製造を行っているとの評価を得る。
福井工場内に医薬中間物専用の新パイロットプラント竣工。
1997年 平成9年 米国FDAによる福井工場査察を受ける。GMPに適応した医薬中間物製造を行っているとの評価を得る。福井工場内に医薬中間物専用の新パイロットプラント竣工。
1998年 平成10年 福井工場ISO 9002-1994取得。
岡崎壽樹専務が社長に就任。
1999年 平成11年 和歌山西工場ISO 9002-1994取得。
2000年 平成12年 和歌山工場ISO 9002-1994取得。
2001年 平成13年 ISO 2001-1994(拡大統合)取得。
2002年 平成14年 甚田正義常務が社長に就任。
2003年 平成15年 和歌山工場と和歌山西工場を統合し和歌山事業所とする。
同時に福井工場を福井事業所と改める。
永岡雅次取締役が社長に就任。
ISO 9001-2000(移行)取得。
2008年 平成20年
福井事業所に医薬中間物専用生産棟(F2-B工場)完成。
2008年 平成20年 福井事業所に医薬中間物専用生産棟(F2-B工場)完成。
2009年 平成21年 福井事業所に一般化成品倉庫が完成。
2010年 平成22年 ISO9001-2008更新審査。
「KANSAIモノ作り元気企業100社」に選定される。
福井事業所が福井県よりGMP適合性調査により適合と判定される。
2012年 平成24年 福井事業所にて医薬原体の製造に向けた設備改良。
2013年 平成25年 福井事業所にて医薬品製造許可承認を得る。
統合により、東京証券取引所市場第二部に上場。
2014年 平成26年 和歌山事業所に危険物屋外貯蔵施設完成。
2015年 平成27年 武田晴夫専務が社長に就任。
2016年 平成28年 監査等委員会設置会社へ移行。
和歌山事業所、福井事業所および福井研究所にてISO14001-2015取得。
2017年 平成29年 福井事業所にて環境に配慮した燃料LNG(液化天然ガス)に転換。